その他の優遇措置と状況

上記で紹介したプロミスやアイフル以外でも被災者への優遇措置を行っています。
例えば、支払期日までに支払うことが出来なかった場合でも一定期間であれば遅延と見なさいという措置です。
自分が被災しているということを証明できれば、柔軟に対応してくれるようです。
返済期日に間に合わなくなった場合などは、各社の相談窓口に電話などで問い合わせしてみると良いでしょう。

 

このように各社様々ではありますが、被災者向けの特例として優遇措置を行っているようです。
ココで紹介した内容以外にも様々な特例がありますので、対象となる方でお金が必要だ!と言う場合は、問い合わせしてみてください。
もしかするとかなりの好条件で借入することができるかもしれませんよ。

 

普段は借入することなど無いという方でも、いったん被災してしまうと目の前の生活が何より大事であることが分かります。
そんな場合に、柔軟に対応できるのが消費者金融の強みといえるでしょう。
常日頃から利便性を考えて対策してきた消費者金融会社だからこそ出来る特例ともいえるわけです。

 

お金を借りるなんて・・・と二の足を踏む必要はないと考えます。
利用できるサービスはトコトンまで利用しつくしましょう。
ただし、優遇されているとはいえ借入金ですからいずれは返済しなければならないことは、肝に銘じてください。